銀行カードローン人気ランキングを紹介!

どこより安心、丁寧な対応、そして何より『低金利』が嬉しい銀行カードローンのお申込み!

審査を受ける前にこれだけは確認して欲しいポイントや、計画的なご利用のために知っておくべき知識、人気会社のランキングなどを紹介中です!

runking

アコムアコム

アコム



オリックスプロミス

プロミス



レイクレイク

レイク





銀行カードローンの申し込み、避けたい審査落ち


消費者金融よりも低金利で大きな融資が受けられる銀行カードローン、できることなら申し込みをして問題なく審査に通過したいところです。しかしメリットが大きい反面、その審査の内容も厳しいのでは?と不安に思う方も多いことでしょう。

従来、銀行は個人向けのローンに対して審査の内容が厳しいというのは周知の事実でした。
しかし最近では、消費者金融系の会社をグループの傘下に入れるなど、積極的にカードローンの事業を広げています。

このような背景もあり、従来と比べると若干ではありますが、銀行カードローンの審査の厳しさの度合いも柔軟になってきたと言えます。
パートやアルバイトといった雇用形態の方でも銀行カードローンが組めるようになったのは大きな変化と言えるでしょう。

仮審査の通過=本審査の通過にはならないことも

だいたいは仮審査を通過すると、本審査もそのまま通過することができると思って間違いないのですが、稀に本審査で落ちてしまうこともあります。例えば仮審査で申告した申し込み内容が、本審査において食い違っていたりすると審査で落ちる原因となります。

仮審査の際、年収をだいたいの額で少し多めに記入していたり、勤続年数を上乗せして記入してしまうなど、仮審査時と本審査で内容に異なる点があると審査で落ちてしまいます。
その他にも、仮審査を受けてから他のカードローン会社で借り入れをしたり、勤務先の経営状況が悪化している、倒産といったリスクがある場合も本審査には大きな影響を及ぼします。

審査の基準となるポイントを押さえる

審査基準はそれぞれの銀行によって異なります。
同じ基準に沿って判断しているわけではありませんが、基本的に以下の項目について重要視されている点は共通しているので押さえておきましょう。

・年収について
高い年収は融資を受ける際に有利となりますが、大切なのはそれよりも安定性です。収入は少ないとしても、毎月確実に入る安定性が重要視されます。

・借入状況に関して
何件の会社に借入しているかがポイントとなります。借入件数が3件以上の場合、その人は一社からまとまった借入ができなかったために複数社から借入していると判断され、評価としてはマイナスになります。

勤務先と勤続年数について
公的機関、一部上場などの大手企業はやはり審査に有利です。勤続年数も長ければ長いほど、信用の度合いに比例するためプラスとなります。

住居の形態について
賃貸物件か持ち家か、持ち家のような大きな固定資産があると判断される場合は審査にも有利な条件となります。また、両親と同居している方が評価があがります。固定電話も審査上のプラスのポイントです。


審査の落とし穴

過去、どこからも借金をしてことがない場合でも銀行カードローンの審査に通過できないケースもあります。初めての申し込みだから、審査には落ちない!と自信を持っていた人ほど、意外な見落としポイントがあり、きちんと確認することが大切です。

クレジットカードの枚数
クレジットカードを複数枚所有している場合は注意です。クレジットカードにはキャッシング枠が付帯していますから、キャッシング利用がなくても審査上では「借入」=借金と見なされてしまうのです。クレジットカードの枚数によってキャッシング枠も大きくなります。審査では不利になることもあるので、使用していないクレジットカードは解約する事をオススメします。

複数ローンの申込み
短期間に複数社のカードローンに申し込むことはやめましょう。審査を通過したいという一心から、短期間に複数申し込むと、審査を担当する側からは「お金を借りるのに必死なほど困っている」と判断されてしまいます。一度に申し込むのであれば1ヶ月で3社までとしましょう。
全て審査に落ちてしまった場合は、半年間は期間をあけて再度申し込む方が賢い選択です。

借り換え目的を明確に

銀行カードローンの低金利の魅力から、借り換えをしようと検討している方は多くいるでしょう。その場合は借り換えの目的を明確に銀行側へ伝える必要があります。借り換えの目的が明確にされない場合、新規のカードローン顧客として判断されるので審査で不利な立場になることがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ