前へ
次へ

肩こりの元になる日常生活でのくせ

特に机に向かって何かするわけではないのに、やたら肩こりがひどいという人がいます。
しかし、なにも事務仕事だけが原因ではありません。
肩こりになりやすい日常生活のくせというものがあります。
例えば、仰向けに寝転がってスマホを見るのも肩に負担がかかります。
スマホを持ち上げる腕はずっと緊張していますし、夢中になっているために腕や肩の負担に気づきにくく、いつのまにか肩が固まってしまっているのです。
仰向けの姿勢は肩に負担がかからないように思えますが、意外と首から肩にダメージが蓄積しています。
ではうつ伏せならいいかというと、これも肩と首に負担がかかります。
特に首の負担が強いので、肩がそれをカバーする形でダメージを受けるのです。
スマホを見たり読書をするときは座った姿勢で、できれば机などで目の位置を調整すると良いでしょう。
もちろんパソコンを操作する時なども、机の位置を調整してマウスを掴む肩が上がりすぎないようにするのも重要です。

Page Top