銀行融資を受ける際に連帯保証人が必要な理由とその対策

銀行系の融資を受ける最大のメリットは金利の低さや限度額の大きさでは歳でしょうか。それに加え、銀行のネームバリューに付随する安心感も魅力の一つです。

その半面、消費者金融などに比べ審査は厳しく行われます。過去に融資を受け延滞履歴があった場合は審査に通ることはまず無理だと思った方がいいでしょう。長期にわたる延滞をし「ブラックリスト」に載ってしまった場合はなおさらです。

収入面などの条件を満たしていない場合にも審査に苦労する場合があります。そういった場合には連帯保証人を付けることを提案される場合があるかもしれません。

しかし、保証人を探すのは容易なことではありません。両親や親戚、知人・友人と言ったところにお願いしてもいい返事はもらえないでしょう。それほど保証人とういうのは重い責任を持つものなのです。しかし、保証人になってくれる人がいないからと言って諦めることはありません。そんな場合でも保証人を探すことは可能です。

「国内保証援助会」というところで、銀行系の融資を受ける際の連帯保証人を仲介してくれるサービスを展開しています。ネットやFAXでの申し込みが可能で、実際に保証人を依頼する際に金額が発生するイメージです。「銀行から融資を受けたい、だけど保証人がいない」という場合には利用してみるのも一つに手だと思います。

探してみると連帯保証人を見つけられるサービスは他にもありますが、法外な金額が発生するなどのトラブルが見受けられます。もし、利用するのであれば契約内容を吟味し、慎重に利用したほうがいいでしょう。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ