銀行融資を受けるなら過去のトラブルを解消してから

もしお金を借りるのであれば、消費者金融よりも銀行から借りたいという人が多いのではないでしょうか。

銀行というのはどんな時代であっても金融機関の中では別格のブランドで、あやり安心感が段違いなのでしょう。

しかし逆にそのブランド力の高さが、銀行から融資の敷居を高くしてしまっているのもまた事実です。

銀行内に縁故があるのであれば、その人の力を借りて、銀行と仲介してもらうという手段も使えますが、知り合いに銀行と関係がある人がいるとは限りませんよね。

実際のところ、銀行の審査を受けるとしても、それほど緊張しなくても問題はありません。

やっていることは消費者金融など他の金融機関と大差はありませんので、他の金融機関でトラブルを起こしたことがない人であれば大丈夫でしょう。

逆にいえば、どこかの金融機関に迷惑をかけたなどの過去がある場合には、銀行から融資してもらうことは難しくなるかもしれません。

金融機関の借り入れ情報というのは、「信用情報機関」で一括管理されていて、すべての金融機関がこれをチェックしています。

過去に返済が滞った事実があればそれを隠すことはできませんし、銀行としても自分のところでも同じことをされるのでは、と身構えてしまうでしょう。

経度の延滞であればそれほど大きな影響はないかもしれませんが、延滞の常連であるとか、長期の延滞をしてしまったとかの過去がある場合には審査にはまず通りません。

ちなみに信用情報機関の情報は一度登録されてしまうと、最低5年は削除されないといわれています。

たった一度の過ちであってもそれだけ影響するわけですから、金融機関にとって返済というのはそれほど重要なのです。

もし銀行から融資を受けたいのであれば、きちんとした状態になってから、審査を受けるようにすることが必要です。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ