融資の前には覚えておきたい5つの法則

融資の前には5つの法則を覚えて置くことで、融資をしてくれるかしてくれないかが決まります。ですから、融資してもらう側としては覚えておきたい法則です。これは、銀行が融資をするかしないかの判断基準としておさえているポイントなので、これらを覚え融資してもらえるようにしましょう。

一つめの法則は、「公共性があるか」ということです。融資する資金となっているものは、銀行に預けている預金です。銀行は預金を融資に回して運営しているので、より公共性のあるものを融資します。もし、公共性を害する融資先であるのなら、融資する資金となる預金者たちにとって不利になります。そこで、公共性は預金者も含め、銀行が重要と考えている一つなのです。

二つ目の法則は、「安全なところか」ということです。貸した融資先が倒産してしまうような不安要素のある企業には、なかなか銀行も融資できません。逆に返済に問題のないところであれば、融資をします。ですから、信用情報機関を通じて、返済の滞納があれば個人の場合でも、どこの銀行も融資はしてくれません。滞納を解消しても一定期間は融資は断られます。

三つ目の法則は、銀行に「収益が出るか」ということです。銀行は預金者の預金を融資し、それを回収することで収益を出しているので、申込者の違いによっては、金利が変わることもあります。

四つ目の法則は、「流動性があるか」ということです。銀行にとって、融資と預金の関係を常にバランスよく運営することが必要になるので、銀行に預けている預金の期間や預金の種類によって、融資の期間も変わります。長期のローンを組めたり、短期の融資だけ通ったという場合は、この預金が影響しているかもしれません。

五つ目の法則は、「成長する」ことがあるかということです。融資先が今後どのように成長するか、また企業がどのように発展するかなど銀行は気になるところです。より成長できるところを銀行に伝えることも融資しやすくなる条件です。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ