中小企業の方に朗報!賢い融資の受け方をこっそりお教えします!

一般的に、企業向け融資といったら政府系機関からの融資を連想される方が多いと思います。

しかし、政府系機関からの融資は審査の手続きも手間と時間が掛かり、実際に融資を受けられる確率もあまり高いとはいえません。

融資を確実に、しかも利便性ある形で実現したいのならば銀行から融資を受けてみては如何でしょうか。

実際、銀行からの融資は中小企業向けの商品も意外と多くラインナップされています。

銀行から行われている中小企業向けの融資で有名なのは「東京スター銀行」などでしょう。

「東京スター銀行」が行っている融資の対象は、中小企業や個人事業主を中心としており、2年以上の営業年数があり、融資を申し込んだ際の

年齢が20歳以上かつ65歳以下の中小企業の経営者や個人事業主を対象に融資を行っています。とくに中小企業向けの融資として「ビジネスローン」と

「カードローン」の二つをラインナップしており、「ビジネスローン」は利率が年率で12.5%、限度額が500万円と設定しており

「カードローン」においては、年率を12.0%、限度額を300万円と設定し利便性の良いものとしています。

また、金融機関から大口融資を受けることは中小企業の経営者にしてみれば大きな利点であるといえると思います。

いくつか例を挙げると「東京三菱UFJカードローン」の場合には、年率を4.8%~14.6%、限度額を500万円に設定しており

「オリックスVIPローンカード」の場合には、年率を3.5%014.8%、限度額を800万設定して、中小企業にとってはかなり大口の融資になっています。

金融機関から大口融資を受ける場合、中小企業向けの商品はもちろんのことですが、審査と融資を即日で受けることが可能なのが大きな利点です。

ただしこの場合、融資を個人で受ける形となってはしまいますが、緊急的にお金が必要になった場合などは賢い融資の受け方だと考えることもできます。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ