わかりづらい信販系のカードローンについて

■まぎらわしい二つのカード

カードローンとクレジットカード似てるように思えますが別物です。どちらも金融機関が発行しているカードではありますが、違いというのはわかりづらいです。消費者金融系のカードローンや銀行系のカードローンとは違い、信販系のカードローンにはクレジット機能がついているのでとてもまぎらわしいです。そもそもクレジットカードとはどのようなものなのでしょうか。この辺を理解していないと、信販系のカードローンを選ぶメリットも見えてきませんよね。信販系のカードローンに興味がある人向けに、クレジットカードとはどのようなものなのかを、かなり大雑把にですが説明したいと思います。

■買い物に使うか、お金を借りるか

信販系のカードローンというのは、クレジット機能がついているという意味もありますが、クレジットカードにローン機能がついているという方が正しいかもしれません。クレジットカードというのは、買い物のときに現金の代わりに使うことができ、使った分だけ翌月に返済することになります。カードローンというのは、お金を借りることができます。もちろん借りたお金を使ってそれで買い物をすることができます。同じようにも見えますが、クレジットカードは買い物の代金としてしか使えませんので、現金は自分の手を経由しないわけです。ちなみにカードローンよりはクレジットカードの方が審査がやさしい傾向にあります。これはクレジットカードの利用方法が買い物にしか使えず、商品が多少は担保となるからのようです。カードで買い物をしたいかどうかが、クレジット機能のある信販系のカードローンを利用するかどうかになるとういことですね。

■実際のところはあいまい

「キャッシング」や「カードローン」という言葉自体がかなりあいまいで、「クレジット」も定義をすることに意味はないかもしれません。とりあえず信販系のカードローンは、お金も借りられるだけではなく、買い物にも使えると覚えておけば問題ないのではないでしょうか。ひとつだけ注意するとしたら、カードローンとクレジットカードは、それぞれ借入枠や条件が違いますので、そこだけはよく確認して利用するようにしてください。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ