消費者金融の「今」に迫る!!

・なぜ悪いイメージをもたれてしまうのか

そもそもカードローンに留まらず、ローン=借金ということでいまだに悪いイメージがもたれていると思います。いざという時に頼りになる存在にも関わらず、「消費者金融」という響きだけで何となくイメージが悪くなってしまいます。これは一部の業者による法定外の高金利貸し付け、強引な取り立てが社会問題になったことも大きな影響を及ぼしていると思われます。

・消費者金融の涙ぐましい努力とは・・・

「雨降って地固まる」という言葉があります。消費者金融は正にこれを実践したわけです。その結果、銀行系カードローンとは完全に別次元での進化をし、完全な住み分けを実現するまでになりました。具体的には「融資までの速さ」「24時間対応」「人目を気にしない無人機の導入」です。これらは顧客のニーズに合わせるとともに、銀行が対応できない顧客または時間帯に必死に対応してきた結果です。しかし、その特殊性故にトラブルも多く起きてしまいます。これらへの対応は機械では難しいものです。まずは顧客の思いを受け止め安心していただくことが必要です。こういったことはやはり機械ではなく人間でなければなりません。故に、窓口での丁寧な対応という直接的なサービスも向上してきたという経緯もあります。つまりはすべてのタイプの顧客に対応しているわけです。さらに近年では急速に発展するインターネットの世界において、インターネット申し込みなど、顧客が快適に利用できることに迅速に対応してきたのも消費者金融が先駆けであることは紛れもない事実です。

・先入観を捨てよう。消費者金融の良さを認めよう。

このように、消費者金融は独自の進化を遂げています。銀行が安定し魅力溢れるものであることは事実ですが、カバー仕切れない部分があることも事実です。これをカバーしたのが消費者金融です。使い勝手の良さはダントツです。先入観から来る悪いイメージだけで敬遠するのではなく、融資を利用したいときの選択肢に入れておくと必ず強みになるでしょう。この悪しきイメージが消費者金融の良さを潰し、銀行のもつ悪さを見えにくくしていると言えると思います。消費者金融はこれからも様々な努力をしてくれるでしょう。私達は企業イメージや企業ブランドで選ぶのではなく、本当に自分の状況にあった良いものを利用できる確かな目を持たなければなりません。そのためには企業だけに努力させるのではいけませんよね。私達も努力する必要があります。お互いが成長をし、Win-Winの関係を築きたいものですね。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ