前へ
次へ

肩こりを引き起こす原因と予防策

辛い肩こりを引き起こすものとして幾つかの原因が考えられますが、その一つは長時間根を詰めて同じ姿勢で仕事などを行うことです。
例えば、仕事で一日中パソコンに向かっている人の場合、血流が悪くなって肩こりを引き起こす確率が高くなります。
予防策としてできることは、仕事の合間に首や肩を動かすなど、体を軽く動かすようにすることです。
もう一つの原因は眼精疲労ですが、細かい文字をずっと見続けているような場合によく起こります。
その際の予防策としては、単に目薬を使用するだけではなく、一、二分目を閉じて目を休ませるなどの対策が必要でしょう。
肩こりを引き起こす別の原因として運動不足やストレスがありますが、効果的な予防策としては、ウォーキングなど軽い運動を生活に取り入れること、またストレスを溜め込まないよう上手に発散させることです。
運動不足とストレスは密接に関係しており、適度に体を動かすとストレスも発散でき、肩こりの症状を改善したり予防するのに効果があると言われています。

Page Top