借り換えローン返済のすすめ

借り換えローンという言葉を、よく耳にする方も多いと思います。メリットばかりがあるような広告などもあり、せっかくなら借り換えローン返済を利用しようか、と思ってしまう部分もあります。

しかし実際には、借り換えローン返済というのは、メリットでメリットがあるというのが実状です。そして、借り換えローン返済をするにあたっては、向いている人、向いていない人がいる、ということが言えます。

借り換えローン返済は、間違って利用すると、借金を増やしてしまうという点があります。こういったリスクからも、借り換えローン返済を簡単に選択しないことが懸命だといえますが、そういった一般的なリスクだけではなく、その人の状況によって、借り換えローン返済が向かない場合もあるのです。

借り換えローン返済が向かない場合

借り換えローン返済が向かない人というのは、利息紫衣減法の利息内での借り入れというのが、大部分を占めている人になります。こういった人は、決められた利息内で借りているということになります。なので、基本的には、法的に利息として払わなければならない限度内の利息ということになります。なので、たとえ低金利の借り換えローンがあったとしても、その恩恵を受けるということにはなりにくいのです。

逆にいえば、かつて、こういった法の限度以上の利息のついた、いわゆるグレーゾーンの金利というものが出回っていました。こういったローンを複数持っている人であれば、借り換えのメリットも大きかったというわけです。そのため、今現在、利息制限法の範囲内で借りている人は、借り換えローン返済の恩恵を受ける形にはならないのです。

また、借金が増えてから、1年以上経っていない人と言うのも、借り換えローン返済のメリットをうけることは少ないと言えます。これは、まだ1年程度だと、超過利息がまだそこまで大きくないというのが理由です。なので、債務整理をしたとしても、元本以外の部分として、減額できる幅というのは少なくなるというわけです。

とはいっても借金がふくらみきってしまってから対策をする、ということをおすすめするわけではもちろん無く、的確な対策を見つけ、早期に手をつけることをおすすめします。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ