借入時の審査の実情、本当はどのくらいのハードルなのか

急にお金が必要になったら皆さんはどうされるでしょうか、知人から借りますか、それともカードローンなどを利用されるでしょうか。

どちらの場合にせよお金を直ぐに貸してはくれないでしょう。特にカードローンなどの場合は審査が必要です。

ここで気になるのが、借入時の審査のハードルです。実際はどのくらいのものなのでしょうか?

カードローンに申し込むと、大体の会社は直ちに借り入れが可能か審査を行ってくれます。

一般的にカードローン会社の審査は、借り入れされる方の返済能力を判断し、本当に最後まで返済可能なのかを判断します。

どんな場合でもそうですが、人に何かを貸す場合にはその人の信用度によって貸すか貸さないかを判断するでしょう。

お金の場合なら尚更そうで、そんなに簡単には貸してくれることはありません。

ですから、社会的な信用が無い人は借入時の審査も通りにくくなります。

では、実際の借入時の審査は借りる場所によって厳しさが違うのでしょうか。

一般的には、銀行系の金融機関からの借入は厳しいといわれます。銀行は信用がウリなので借入時の審査も当然厳しくなるのでしょう。

銀行系の金融機関からの借入が不可だった場合、次に検討するのが信販系や消費者金融系の金融機関でしょう。

これらの金融機関の審査は、何の問題も無ければ通過するでしょうが審査が通らない場合もあります。

主な理由として考えられるのは、借り入れを複数のところから行っていたり、これまでの返済に信用が置けないような履歴があった場合です。

今までの返済履歴において、複数回延滞を起こしてしまったことがあれば、まず審査を通ることは出来ないでしょう。

その様なことを繰り返しているのであれば、社会的な信用度が低く見られるので審査の段階で落とされます。

以上のような例を鑑みると、著しく社会的信用を失っていないのであれば、審査はさほどハードルは高くは無いでしょう。

当たり前のことを当たり前にやっている方であれば何も問題などないといえるでしょう。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ