カードローンの審査における3つの重要項目

・カードローンの審査に通るための条件

カードローンの審査においてチェックされる項目というのは、どこの業者においてもそれほど変わるものではありません。また、審査内容は各業者の企業秘密でもあるため、事前に知ることは不可能です。

ただ、消費者にお金を貸し付け、利息を付けて返済してもらうことで生計を立てている以上、どこの業者でも審査において重要視する項目は常に決まっています。通常、審査の中心になるのは以下の3つの項目です。従って、この3つの項目に問題が無ければ審査に通る確率が高くなりますし、不安のある人は何らかの対応をする必要があります。

・最も重要となる年収

カードローンから借り入れたお金の返済の基になるのは収入です。従って、収入の多寡が融資の可否に一番大きな影響を与えるのは当然のことです。ましてや、現在は貸金業法による総量規制が敷かれているため、収入によって借入のできる金額の枠も決まってきます。

収入が充分な金額である場合は、余程の高額な借入希望額を申請しない限り、審査に通る可能性が高くなっています。そして、収入が返済能力の高さに比例するため、申込者の収入が高ければ業者にとっても貸し倒れのリスクが少ないため、高額な利用限度額を設定することもあります。

  

・雇用形態や就業している勤務先も審査に影響します

利用者が考えている以上に重要視されるのが勤務先です。カードローンの利用条件は年齢を除いては、「安定した収入」です。収入の多寡ではありません。カードローンの返済は継続的に行われ、場合によっては何年間も返済を続けていかなければなりません。いくら、現在は高収入であっても、途中で仕事を失えば即、返済不能になることさえあります。

特に、パートやアルバイト、派遣社員として働いている人は雇用先の営業成績如何では契約解除になる可能性が高く、収入の安定性という点では大きなマイナス要因になります。従って、審査においては低い評価にならざるを得ません。

その点で、高い評価を得ているのは倒産があり得ず、解雇される可能性もゼロに近く、安定した収入が確保されている公務員です。その次は、倒産の確率の低い、名前をよく知られているような大企業の正社員になります。

逆に、いくら収入が高くても個人事業主は景気によって収入が左右される危険性があるため信用は低く、審査に通る確率は非常に低くなっています。また、転職経験の多い人や、入社して1年に満たない人も信用性が低いため、審査に落ちることも少なくありません。

  

・信用情報が最終判断の基になります

そして、審査における最後の判断材料が信用情報です。信用情報というのは、指定信用情報機関に登録されている申込者のカードローンにおける利用履歴のことです。審査においては、必ず申込者の信用情報が指定信用情報機関に照会されることになります。

他社のカードローンにおいて年収の3分の1に近い借入の残高があったり、ましてや滞納や債務整理の返済事故の記録があったりすれば、間違いなく審査は通りません。

 

・無理をしないこと

一般的に正社員として就業し、それなりの給料をもらい、貸金業者から多額の借入をしていない場合は大体審査に通ります。しかし、大手消費者金融の現状における審査通過率は50%に満ちていません。その原因は上記3項目のどれかに抵触していることが災いしています。

審査に落ちた場合は、カードローンを利用しなくても良い方法を探すのが賢明です。

runking
アコムアコム
アコム

オリックスプロミス
プロミス

レイクレイク
レイク
サブコンテンツ

このページの先頭へ